== くぼっちの質実剛健 ==

日常の思いついた事を書くブログ、他人にはどーでも良いよーなブログ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日のブログの補足です・・・

  昨日のブログの補足と説明をしたいと思います。


  なにせ、僕の好き勝手な自由研究ですから、あとからの訂正や、こっちの方が良かった・・・


  なんて事がある、ゆる~い自由研究として受け取ってください(笑))







         皆様のポチッのお蔭で、成り立っています、感謝しています。

         最近ランクが下がり気味です、どーぞあなたのポチで・・・・

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
         にほんブログ村
         ↑ 宜しければ、ポチッとお願いいたします





  えーと、補足としてはですねぇ・・・・





  ジグヘッドのワームのヅレ防止の為のUVレジンの使用なのですけど、UVレジン単体では

  乾燥後でも適度な弾力性があるので強い力でズレる場合があります・・・・

  ですので、事前にフック部分に糸巻き加工をしている製品、もしくは糸巻きをする事を

  お勧め致します。

  フックに加工があれば強い力でも剥がれにくいです。

  僕の場合は、フックに糸巻きをせずにUVレジンを塗布して乾燥させてその上に

  瞬間接着剤でコート
しています、これでフルロックです  多分・・・



       002-1.jpg






     それと・・・


  もう一つ、お勧めが 

     この商品!! 



027-1.jpg s-CIMG8705.jpg

     ルミノーバファイバー


  ルミノーバファイバーとは・・・長残光性蓄光素材" LumiNova "を配合した、綿のように

  フンワリとした撥水ナイロン繊維です。


  ●これまでに無い長時間発光の新素材ルミノーバファイバーは、鈎のチモトやスッテ

   のボディーなどに巻けば集魚効果UPやイカへのアピールも抜群です。


  ●メバル釣りなどのジグヘッドのフック部分に巻けば、ワームキーパーにもなり、さらに

   夜光により集魚効果もUPします。






    こーんな感じに使ってください  


   027-5.jpg


   これも、瞬間接着剤で補強すれば全くズレません。

   
   このルミノーバファイバー単体でも発光はしますけど、UVレジンとの組み合わせでも


   面白いかもですね



   


   昨日も触れましたけど・・・・

   長残光性蓄光素材" LumiNova "

   太陽光やライトの明りから紫外線を吸収し、フル蓄光して連続8時間発光するんです。

   凄いでしょ、ナイトでの釣りをする人にはかなりの武器になるのでは!?

   紫外線ライトで蓄光させれば驚きの輝きです、一度体感してみて下さい。


  気になる方は・・・・

  TOHO,Ins. のホームページからどーぞ!!





   エギングランキング参加中!!

           こちらを ↓  ↓
            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
               にほんブログ村
                  こちらを ↑  ↑

          毎回のブログ訪問時に宜しければ、ポチッと一押し宜しくお願い致します。


       皆様のポチッ!! で成り立っています

       FC2版でもトップテン入有難う御座います、今後も宜しくお願い致します



   

     
スポンサーサイト

| TOHO,Inc. | 2009-12-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

コレって良いですょ。

  本日は、チョット良い商品のご紹介なのです 


  結構使い勝手もいいし  用途も様々なんですょ


  何かと言いますとぉ







       皆様のポチッのお蔭で、成り立っています、感謝しています。

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
         にほんブログ村
         ↑ 宜しければ、ポチッとお願いいたします







  コレなんですけどぉ 


 002-1.jpg   002-2.jpg   002-3.jpg

  TOHO UV レジン

  「UV LIGHT mini」や太陽光線の紫外線に反応して硬化する樹脂です。ウェーダー、グローブ等の

  補修やラインの結び目の補強に!!硬化後も柔軟性があり、割れません。

  UVライト使用で効果時間が10秒〜30秒!





  用途: 鈎のチモトなど仕掛けの製作、エギ、ルアー、ジグヘッドなどのチューニングなど・・・・・




  ちょっと、試しに・・・・



   s-CIMG8692.jpg

  エギやジグヘッドのワームのズレ防止とGLOW効果、そしてMリグにも・・・・


  これは、ナイトの釣行にも役立ちそうですねぇ


  っても、僕はナイトしませんけどぉ








   s-CIMG8689.jpg

  このUVレジンって、UVライトを当てると長時間発光してくれるんです。

  普通の光でもOK ですけどUVライトなら物凄いです。






  お勧めは・・・

 UV2.jpg  001-1.jpg

  TOHO  UVライトミニ Ver.2



  この、UVライトでUVレジンの硬化と長時間発光をさせる事が可能。


  更に、釣行時や現場での作業も可能!!


  夜光グリーンの場合、長残光素材ルミノーバにより超光輝度&連続8時間発光を現実!!!


  いろいろなチューンが思いのまま、アイデア次第でなんにでも使えそうです



 
      気になる方は・・・・

  TOHO,Ins. のホームページのプロデュースからどーぞ!!





  



   
   エギングランキング参加中!!

           こちらを ↓  ↓
            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
               にほんブログ村
                  こちらを ↑  ↑

          毎回のブログ訪問時に宜しければ、ポチッと一押し宜しくお願い致します。


       皆様のポチッ!! で成り立っています

       FC2版でもトップテン入有難う御座います、今後も宜しくお願い致します




| TOHO,Inc. | 2009-12-02 | comments:22 | TOP↑

≫ EDIT

ラメ布コーティング最終章・・

   長い事引っ張りました、この企画(爆))


   いよいよ、最終章・・・・


   ラメ政も今回でコーティング完了で御座います 





              にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
         にほんブログ村
         ↑ 宜しければ、ポチッとお願いいたします









   では、ご覧下さい。




   全開までは、エギの羽根の後ろ側を・・・・

   
     TOHO,Inc.  ホームページへ GO
               の
  超!ケイムラウレタンフィニッシャー
               や
  ウレタンフィニッシャーEX

   で、ドブツケコーティング処理  TOHO,Inc.←ですょ。

   



   s-CIMG8589.jpg

    こんな感じで、ドブツケ状態です



   僕の場合、ドブツケして乾燥・・・

   コレを基本的に二回させてます、恐らく二回でコーティングは良いと思ってます。

   換気のよいところで作業してくださいね(笑))





   そして、今回の目玉の・・・・

   最終コーティングと致しまして、ウェイトより前方のコーティングをば・・・・

   同じ様に、ドブツケするにはちょっと難が多すぎる、エギのフロント側

   筆塗り、刷毛塗りをしようと思いましたけど・・・

   いちいち筆の手入れや後処理が嫌なのでやめました・・・

   それに筆の毛とかも良く抜けるのでね





   では、どーしたか??

   というとですねぇ、これです 

   41r1WSK2hyL__SL500_AA280_.jpg
ウレタンフィニッシャーEX 10ml

    は・・・・  まだ、僕も入手していないので






   とりあえず・・・・・


  s-CIMG8637.jpg

   スペアボトルに各々のウレタンフィニッシャーを小分けいたしました。

   スペアボトルが購入できない場合は、超!ケイムラコートや、超ケイムラアワビコートの空き瓶

   などでも良いでしょうね。

   このハケは溶けませんので、ケイムラコートを塗る感じでエギに塗りたくれるのですっ




   s-CIMG8627.jpg

      この様に、スペアボトルとエギを用意して、コーティングする側とは逆にエギの羽根を

      シッカリと押さえます。




 

   アップでどーぞ・・・・・

  s-CIMG8629.jpg


   エギ政に限ってかもしれませんけど数十秒指で押さえつけると手を離しても大丈夫です。






   で・・・・  こんな感じで・・・


  s-CIMG8628.jpg

   ヌリヌリ、塗り塗りして終了です。

   コレで塗ると厚塗りも可能なので一度塗りで完成です!!!

   でも・・・

   厚塗りしすぎると、勿論タレますのでご注意してください。



   これで、ラメ上布強化コーティング全工程終了っす





   全部ハケで塗ればいいじゃない・・・・

   って、思っている方もいらっしゃるでしょうが・・・

   僕はこのやり方のほうが綺麗で、ムラが無く仕上がると思っています、まぁ・・・

   結構、ウレタンフィニッシャーが伸びるので筆塗りし易いので出来ますけど(笑))

   興味がある方は、どちらも試してみてはいかがでしょうかね。




    エギングランキング参加中!!

           こちらを ↓  ↓
            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
               にほんブログ村
                  こちらを ↑  ↑

          毎回のブログ訪問時に宜しければ、ポチッと一押し宜しくお願い致します。


       皆様のポチッ!! で成り立っています

       FC2版でもトップテン入有難う御座います、今後も宜しくお願い致します


     

| TOHO,Inc. | 2009-11-26 | comments:15 | TOP↑

≫ EDIT

ラメ布コーティングの補足


  このところマイブームでもあり、試行錯誤を繰り返しております事柄・・・・


  そうです、昨日もブログアップいたしました、アレです


  『ラメ布エギのコーティング』なのですが・・・


  ちょっと、補足しておきます。





               にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
         にほんブログ村
         ↑ 宜しければ、ポチッとお願いいたします






  皆さんも感じたり疑問に感じてらっしゃると思うんですけど・・・・


  エギをウレタンフィニッシャーに漬け込こんで大丈夫なのか!?


  エギのラメ布の表面はムラムラ・モンモンにはならないのか!?


  カンナは大丈夫!?


       などなど・・・・

  疑問点はないでしょうかねぇ






    答えは・・・
  No Problem 問題無しっす




   s-CIMG8616.jpg

     見て頂くとお分かりでしょうけど・・・
  漬け込んでも、ラメ布の表面はツルツルのコーティングですょ 




        そして・・・

   s-CIMG8620.jpg


   s-CIMG8619.jpg

  カンナの部分にも気になるほどのウレタンは付着しませんょ 

  まぁ、着いてたとしてもカッターの派でスグに取り除けます。







  でも、この様にドブツケした直後には・・・・・

  s-CIMG8589.jpg

  ウレタンフィニッシャーの滴を切る様にカンナを容器の口部分にぶつけたり・・・・

  エギを上下させたりと、兎に角余分な滴を切る事は必須ですょ 

  なので、乾燥させる際もウレタンの滴が落ちても大丈夫の様な新聞紙などを轢いてくださいね。









      そしてですねぇ・・・・

      あと、まだまだ試作的ですけど・・・・・

      超!ケイムラウレタンフィニッシャーに漬け込んだエギはこんな感じ・・・


      s-CIMG8548.jpg
        むふふ・・・

      まだまだ、これから色々と試してみたいと思います、ハイ

      また、進展があればアップいたしますね。






   エギングランキング参加中!!

           こちらを ↓  ↓
            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
               にほんブログ村
                  こちらを ↑  ↑

          毎回のブログ訪問時に宜しければ、ポチッと一押し宜しくお願い致します。


       皆様のポチッ!! で成り立っています

       FC2版でもトップテン入有難う御座います、今後も宜しくお願い致します

| TOHO,Inc. | 2009-11-24 | comments:18 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ、プロト量産・・・

  先日から試行錯誤しながらやってます、ラメ布強化コーティング

  一応、僕なりの見解で・・・・
  
  ウレタンコーティングが良いのかと・・・・   思ってます





           ちょっとランクが下がって参りました、皆様のポチが必要なのです・・・

            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
         にほんブログ村
         ↑ 宜しければ、ポチッとお願いいたします







    ウレタンコートっても、数ある中でもこの商品
                 
          urethane400.jpg
TOHO ウレタンフィニッシャーEX



  この、ウレタンフィニッシャーでラメ布は、かぁ~なぁ~りのコーティングが可能なのです。

  僕の場合はこのウレタンフィニッシャーEXをエギに二回ドブツケ致します。


        この様に・・・

   s-CIMG8521.jpg

     そのまんま、ドボーンってね





   でね・・・

   こーやって、乾燥させます。

   s-CIMG8587.jpg

   作業は屋外か、換気を良い状態にして下さいね。

   臭いは一時部屋に充満しますから・・・・






   そんでもって・・・・

  上の画像にもチョッと写ってますけど、TOHOさんの新製品の・・・・・


    s-CIMG8531.jpg
 超!ケイムラウレタンフィニッシャー

  も試しています。



  コーティングの仕方もまったく一緒ですね・・・

    s-CIMG8589.jpg

   こーんな、感じでエギをドボーンってね。





   そして、乾燥させると・・・

 

  s-CIMG8615.jpg


  s-CIMG8614.jpg


  s-CIMG8616.jpg

ウレタンコーティングは、エギの羽より後ろ側を施工してます



   この三枚の画像でも、しっかりとコーティングされているのがお解りでしょうか・・・

   艶やかさが違いますよね。

   残念ながら、画像でしかご判断して頂けないのが残念です


   コーティングのプロトも実践に投入して使用いたしてますけど、かなり強いです。

   
   烏賊に噛まれても今までの様に傷つかない・・・・


   何十回もシャクッて、イカも三杯釣って、傷つく前にロストしちゃいました、一本(笑))


   それに、水切れや汚れにも強いんです、なんか副産物が色々です


   そして、超!ケイムラウレタンのエギ・・・  良く釣れます。




   まだ、詳しく説明出来ませんが・・・・

   アワビシートなしのケイムラウレタンコートのみの使用で釣れてます。

   まだまだ、色々と試しているのでケイムラはまた今度って事で。

   

   なぁ~んか、今からエギングのプレッシャーも多くなる季節に武器になれば・・・・

   って、思いながら試行錯誤を繰り返しています。

   案外、愉しいですけどね(笑))




    
    エギングランキング参加中!!

           こちらを ↓  ↓
            にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
               にほんブログ村
                  こちらを ↑  ↑

          毎回のブログ訪問時に宜しければ、ポチッと一押し宜しくお願い致します。


       皆様のポチッ!! で成り立っています

       FC2版でもトップテン入有難う御座います、今後も宜しくお願い致します


| TOHO,Inc. | 2009-11-23 | comments:18 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。